Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

配食1日10万食、移動販売車141台に 生協2014年11月7日

一覧へ

生協の買い物弱者支援事業

 日本生協連は、全国の生協が実施している高齢者など「買い物弱者」を支援するための「夕食宅配」や「移動購買車」の最新状況をまとめた。

 全国の生協では、日常生活に必要な買い物などに苦労している高齢者など「買い物弱者」を支援するために、福祉の視点を取り入れた配食(夕食宅配)事業と移動販売車を展開しているが、その最新状況がまとめられた。

◆配食事業は1日10万食超

 配食事業は44都道府県の49生協は事業展開し、10月末現在、1日当たり約10万2000食となっている。これは昨年7月末集計の食数で1.3倍となっている。
 配食事業では、地域購買生協のコープあおもりと医療福祉生協の青森保健生協が共同で(株)あおもりコープフーズを設立し、配食弁当・給食の製造を行っているが、ここでは、家庭への配食に加えて2病院、15介護事業所への給食など、1日当たり約2800食を配食している。

◆移動販売車は141台が稼働

 移動販売車は、24道府県の29生協が141台を運行している(11月6日現在)。これも昨年7月の1.3倍となっている。
 移動販売車では、市街地の買い物弱者支援のために、小回りのきく軽トラックを使用する事例が増えており、現在、7生協で14台が稼働している。


(関連記事)

「地域見守り協定」全市町村3分の1と締結(2014.11.04)

食品の機能性表示制度で意見書 生活クラブ生協連(2014.10.29)

広島土砂災害に募金3700万円 コープネット(2014.10.28)

アフリカの子どもたちの栄養改善活動を支援(2014.10.27)

総供給高2カ月連続前年超え 主要生協9月度実績(2014.10.22)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る