Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野菜不足と7割が回答  「サラダ白書2017」調査結果2017年7月25日

一覧へ

 パッケージサラダを販売する(株)サラダクラブは、「野菜の日」(8月31日)に合わせて、サラダの食文化の把握を目的に年次調査を毎年実施している調査結果を「サラダ白書」として発表しているが、その最新調査結果を「サラダ白書2017」として公表した。

 今回の調査テーマは、「○野菜や料理に対する意識」、「○家で作って食べるサラダ」についてとなっている。
 調査は、Webアンケートで、全国の20歳から69歳までの男女2057名を対象に実施されている。
 
■20歳代女性の9割が野菜不足と意識(図参照

野菜不足意識

 野菜不足を意識しているかの問いに、「野菜不足を意識している」人が全体の72%を占め、「野菜不足を意識したことはない」(13%)、「充分に摂れている」(15%)を合わせても28%と3割にも満たないという結果になっている。
 男女ともに年代が若いほど野菜不足意識が強く、とくに20歳代女性の約9割(87%)が野菜不足だと意識している。
 野菜不足の理由としては、「意識して摂っているが、十分ではないと思う」(33%)、「野菜価格が高いから」(30%)が上位を占めている。
 サラダを作るときに心がけていることは、女性では年代が高くなるほど「新鮮さ」「彩り」「季節感」「多品目」「減塩」を心がけているが、20代から30代では「時短」意識が高い。また、サラダに関する悩みとしては「レシピがマンネリである」(34%)が突出しており、単身世帯では「買った野菜を使い切れない」(28%)ことが大きな悩みとなっている。

■パッケージサラダのメリット増加
 パッケージサラダを利用するメリットについては、「手早くすぐに使えて便利」が63%ともっとも多かった。次いで「野菜不足を手軽に解消できる」(43%)、「複数の野菜を買うより経済的」(39%)となり、利便性や野菜不足解消、経済性をメリットに感じる人が増加傾向にある。

野菜不足を意識しているグラフ

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る