食品流通 ニュース詳細

2018.09.18 
コープみらいが立教大学で寄附講座を開講一覧へ

 生協のコープみらいが「地域コミュニティと生協」をテーマに、立教大学新座キャンパスで9月26日から1月16日までの毎週水曜日、様々なテーマで講義を行う。

 コープみらいの寄附講座は4年契約で、立教大学では昨年から講義を行っており、今年で2年目となる。
 講義では、地域コミュニティの希薄化が社会問題となっている今、生協を通し協同組合の価値や役割、地域における協同と連携の重要性について学ぶ。また、コープの施設見学をすることで食品安全・品質保証の取り組みについて理解を深める。

【寄附講座の概要】
会場:立教大学新座キャンパス(埼玉県新座市北野)
科目:地域コミュニティと生協(全14回)
日時:2018年9月26日~2019年1月16日(実習を除く毎週水曜日)
受講人数:30名程度

 

(関連記事)
「マイ箸・マイ器」でソーメンを楽しむ コープみらい(18.08.27)
熱中症予防でクールオアシス実施 コープみらい(18.07.06)
総事業高3898億円 組合員数341万人 コープみらい総代会(18.06.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ