食品流通 ニュース詳細

2019.01.28 
【データで見る外食産業 2018】4年連続前年を上回る一覧へ

 外食産業の団体である日本フードサービス協会は、1月25日に協会会員社による外食産業市場動向調査の2018年年間結果を発表した。

【データで見る外食産業 2018】2018年1月~12月全店データ これによると、全業態のトータル年間全店売上げは、前年比2.3%増と4年連続で前年を上回り、5月の連休後の節約志向、7月の豪雨や天候不順などで伸び率が縮小したものの、年間を通して堅調に推移した。
 業態別にみると、「ファミリーレストラン」の和風、「パブ・居酒屋」以外のすべての業態で前年を上回った。中でも「ファーストフード」(前年比+3.3%)は3年連続増加、「ファミリーレストラン」(同+1.3%)、「ディナーレストラン」(同+3.2%)、「喫茶」(同+0.8 %)、「その他」(同+3.3%)はそれぞれ7年連続して前年を上回った。
 四半期ごと(3か月ごと)に見てみると、年初の「第1四半期」(1〜3月)に3.6%増と好調な伸びを見せたが、その後、徐々に増加幅が縮小し、「第2四半期」(4〜6月)は1.8%増、「第3四半期」(7~9月)は2.1%増、「第4四半期」(10~12月)は1.6%増だった。
 10年連続して前年の売上が下回った「パブ/居酒屋」だが、第4四半期の売上は前年比+1.6%と上昇の兆しが見えた。
 利用客数は、「ファーストフード」「ディナーレストラン」では全ての期で前年を上回った。一方「ファミリーレストラン」は全ての期で、また「パブ・居酒屋」と「喫茶」では「第4四半期」以外の期で前年を下回った。

(画像)2018年1月~12月 全店データ(クリックすると大きな表が表示されます)

 

(関連記事)
ファストフード堅調で売り上げ28か月連続前年超え 外食産業12月の動向(19.01.28)
欧州最大級の外食産業見本市に日本も参加 JETRO(19.01.18)
【米生産・流通最前線2018】三澤正博・木徳神糧(株)取締役専務執行役員インタビュー(18.11.30)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ