想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

おむすびに合うビール「和musubi」発売 秋田県羽後町とつないでオンライン飲み会を開催2020年9月23日

一覧へ

食コミュニティ「キッチハイク」と、サッポロビールの共同サービスとして昨年スタートした「HOPPIN‘ GARAGE (ホッピンガレージ)」は10月6日、商品化第7弾となるおむすびに合うビールを「和musubi」を発売する。

おむすびに合うビール「和musubi」発売 秋田県羽後町とつないでオンライン飲み会を開催

おむすびに合うビール「和musubi」おむすびに合うビール「和musubi」

HOPPIN' GARAGEgは、消費者のアイデアから生まれるビール。第7弾の企画者は、「#1,000のおむすびを食す男」をめざす大塚正樹さん。「和のアイデンティティ・フード」ともいえるおむすびに合うビールとして、秋田県羽後町産のあきたこまちを使った。さらに玄米茶を隠し味として加えることで、おむすびのおいしさを最大限に引き立てる深い味わいとなった。おむすびの素朴な存在を邪魔することなく、優しく寄り添ってくれるようなビール(発泡酒)となった。

10月6日には、ビールの企画者と、企画をビールに仕上げた醸造担当によるトークショーをライブ配信する。また、事前に参加者の手元に新商品が届く「オンライン飲み会」も実施。秋田県羽後町と全国をオンラインで繋ぎ、参加者はおむすびを食べながら「和musubi」で乾杯する。

<発売当日のイベント内容>
開催日時: 10月6日20:00~22:00

1.当日20時から「新発売のビール発表会」を無料ライブ配信
2.イベント申込者全員に、新発売のビール1ケース (12本) を事前にお届け
3 .ライブ配信後は「オンライン飲み会」

【イベントの予約ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る