想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:モーティブ
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コロナ対策は目で見て確認 ホットペッパーグルメ外食総研調査2020年9月23日

一覧へ

(株)リクルートライフスタイル(東京都千代田区、浅野健社長)の調査研究機関・ホットペッパーグルメ外食総研の実態調査(第2回)によると、店舗選びの際、新型コロナウイルスの感染対策がとられているかどうかは「実際に見て確認する」人が最も多いことが分かった。

男女同数を合わせた1032人を対象に行ったインターネト調査で、緊急事態宣言解除後およそ3カ月が過ぎた時点の消費者心理などを探ったもの。

それによると、以前と変わらない頻度で外食に行くつもり(行っている)とした人は13.1%で、頻度を減らして行くつもり(行っている)の37.6%と合わせた50.7%が「外食をしている・するつもり」と答えた。

店舗選びをする際の感染対策がされているかの確認方法は、「できるだけ」を含め「実際にお店の様子を見て」とした回答が65・8%で最も多かった。次いで多かった「店舗のステッカーやポスターを見て」(45.5%)とは約20ポイントもの開きがあり、店舗の感染対策を実際に見て確認したい人が多いことが分かる。

感染対策で気にする点は、「席の間隔が空いているか」(64.7%)が前回調査同様1位で、4位だった「店内に消毒用のアルコールなどが用意されているか」が57.4%で続いた。3位は「従業員のマスク着用の徹底」(55.6%)だった。

「もう外食には行かない」とした人を除いて「この対策がされていなければ行かない」という衛生対策を複数回答で尋ねると、「席の間隔が空いているか」(42.2%)、「従業員のマスク着用の徹底」(39.8%)、「店内に消毒用アルコールなどが用意されているか」(37.7%)が上位に並んだ。

【ホットペッパーグルメ外食総研】

(関連記事)
東名阪の外食市場56億円増加 ホットペッパーグルメリサーチセンター

三大都市圏の外食市場規模4兆円

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る