想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

歴史が創る文化のコーラ「ぎふコーラ」プロジェクト始動2020年10月14日

一覧へ

岐阜県出身の20代の若者3人が、岐阜県の文化を継承するためのプロジェクトとしてクラフトコーラ「ぎふコーラ」を開発。10月19日からクラウドファンディングで予約販売を行う。

歴史が創る文化のコーラ「ぎふコーラ」プロジェクト始動

300年間にわたって守り、受け継がれてきた薬草と若者が好きなコーラとの"健康×不健康"な、ありそうでなかった組み合わせ。多様化する食の嗜好性に合わせるように、クラフトビールをはじめ小ロット製造のドリンクが人気で、複数種のスパイスや柑橘類を調合する健康的な"クラフトコーラ"も注目を集めている。

旧春日村の民家をイメージし、パッケージをデザイン旧春日村の民家をイメージし、パッケージをデザイン

岐阜県の文化を新しい形で継承しようと、県内各地の食材を使ったクラフトコーラづくりの第一弾は、薬草の宝庫と呼ばれる岐阜県揖斐川町旧春日村の薬草を使った。旧春日村は約300年前、織田信⻑がポルトガル宣教師の教えにより、伊吹山に薬草園を開拓。約280種類の薬草があったと言われている。地域では昔から薬草を煎じて飲むことで健康を守ってきた文化があり、各家庭でブレンドし、「百草茶」として普段から飲まれている。母なる山伊吹山と言われ、薬草の聖地であったこの地には、昔から不思議なパワーがあるという。

一般的に薬草は「苦くて飲みにくい」という声がある一方、効果効能については「健康的なイメージが強い」とポジティブな印象を持っている人が多い。この健康的でポジティブなイメージをPRしようと、薬草✕コーラを作ることになった。

今回は、よもぎ・かきどおし・どくだみ・ヤブニッケィの4種類の薬草を使用。後味のすっきり感が特徴で誰でも飲みやすい健康的な無添加クラフトコーラが誕生した。

「ぎふコーラ」は、10月19日から11月29日までクラウドファンディングで予約販売を実施。2021年1月から製造を始め、3月にリターン品を発送する。200ml(約5杯分)、720m(約20杯分)の原液タイプに加え、薬草茶とのセットや他地域で作られたクラフトコーラなどのセットも用意する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る