想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

フレッシュネスバーガーの「大豆パティ第2弾」にDAIZの植物肉が採用2020年11月18日

一覧へ

発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するDAIZ(株)の植物肉「ミラクルミート」が、フレッシュネスバーガーの大豆パティシリーズ第2弾として発売される「THE GOOD BURGER(アボカド)」のパティ原料に採用され、11月18日から発売される。

パティにDAIZの植物肉「ミラクルミート」が採用した「THE GOOD BURGER(アボカド)」パティにDAIZの植物肉「ミラクルミート」が採用した「THE GOOD BURGER(アボカド)」

「THE GOOD BURGER」は、100%植物性由来の大豆パティと、糖質を約45%カットした低糖質バンズを使用。世界的な牛肉消費量の増加に伴い温暖化や森林伐採等の環境汚染が問題視される中、欧米では代替肉・植物肉が広まっている。同商品は、こうしニーズを受け、環境保善に取り組みながら、健康的でおいしさにもこだわった。

シリーズ第2弾の「THE GOOD BURGER(アボカド)」(550円・税込)は、ココナッツオイルが含まれる大豆パティと、ビタミンEを含むアボカドを1/2個使い、スライスオニオンとグリーンカールをサンド。たまごのタルタルソースで味付け、ヘルシーながらも、食べ応えのあるハンバーガーとなった。

DAIZの植物肉「ミラクルミート」は、原料にオレイン酸リッチ大豆を使用することで、大豆特有の臭みがなく、味の違和感も低減。味や機能性を自在にコントロールするコア技術「落合式ハイプレッシャー法」で大豆を発芽させ、その発芽大豆をエクストルーダー(押出成形機)にかけ、膨化成形技術により、肉のような弾力と食感を再現している。また、旨味や栄養価が増大した発芽大豆を使っているため、他の原料や添加物を加えずに植物肉原料として完成。発芽タンクを用いた独自の製造プロセスにより、原価を低減し、牛肉・豚肉・鶏肉に対しても価格競争力がある。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る