想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ワンサイドP乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

弘前市のEC人材育成と連携 生産者のネット販売を支援で講座開講 レット2021年1月19日

一覧へ

(株)レットは青森県弘前市のコラーニングスペースHLS弘前と提携し、新型コロナウイルスの影響でECへの対応が急務な弘前の小規模な事業者に向けて「はじめてのEC講座」の提供を始めた。

レットは出品者数が2020年5月以降の半年ほどでそれまでの約4倍にあたる6100ショップを突破。中でも、コロナ禍による食品ロスの影響で食品関連事業者の出品が顕著に増加している。一方、生産者はECを始めるにあたり人的、時間的なリソースとノウハウが不足していることから、EC展開が難しいことが多いため、講座を通じてEC化の支援を行う

講座は、「ふるさと副業」など、副業として地方の事業者をサポートする働き方も増えていることから、事業者でなくても受講者が地域の生産者や事業者のサポートをすることも想定。事業者内の人材と各地域のサポーターのEC人材を育成することで全国のEC化支援と余った在庫処分、フードロス対策に貢献する。

◎開催概要

日時:1月25日19時〜20時半
受講方法:ZOOMでのオンライン配信
対象者
・EC未経験の生産者、小規模メーカー、飲食店、個人商店など
・上記をサポートしたい地域のサポーター

<講座内容>
・EC概要
・自社通販サイトやモールの選び方
・出品から受注処理、発送までの流れ
・お客様視点に立った商品作成
・売れる画像やキャッチコピー
・レットを使った出品の実践

【申し込み】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る