Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

栃木県の有機さつまいも農家 世界初フィジーク専用干し芋を開発 戸崎農園2021年2月25日

一覧へ

栃木県で有機栽培干し芋を栽培する戸崎農園(株)は2月1日、業界初の試みとして、フィジーク専用干し芋の開発をフィジーカーと共同で進めるプロジェクトを開始。第一期メンバーが決まった。

フィジーク専用干し芋「PHYSIIMOフィジーモ」イメージフィジーク専用干し芋「PHYSIIMOフィジーモ」イメージ

鍛え抜かれた肉体全体のバランスの美しさを競い合うフィジーク競技で、多くのフィジーカーに愛されている干し芋。その理由は、糖分の吸収が緩やか(低GI)で血糖値がゆっくり上がるため、脂肪になりにくい上に腹持ちがよいこと。また、腸内環境を整える豊富な食物繊維、体のむくみを調節するカリウムを豊富に含み、体のハリ・ツヤにつながるという。

戸崎農園は栃木県壬生町で有機栽培の干し芋を栽培する農地所有適格法人。「赤ちゃんでも安心して食べられる干し芋づくり」を合言葉に、土づくりからさつまいもを栽培。干し芋加工に至るまで、すべて有機栽培の認証を受けている。

同社は、「安全性と自然な甘みに徹底的にこだわり精込めてつくりあげた有機干し芋を、フィジーカーが丹精込めてつくりあげた筋肉のエネルギーとして、そして時には心の癒しとして傍においてほしい」との思いから、フィジークへの愛(I)、そしてオーガニック干し芋への愛(I)を重ねて、フィジーク専用干し芋「PHYSIIMOフィジーモ」と命名。戸崎農園の有機栽培干し芋を、フィジーカーが使いやすい形にするプロジェクトとして、実際のフィジーカーからの意見を得て、全国のフィジーカーに喜んでもらえる商品開発を進める。

フィジーモ開発プロジェクトメンバーフィジーモ開発プロジェクトメンバー

プロジェクトの参加資格はフィジーカー、フィジーカーをめざしている人で、フィジークに対する知見からフィジーク専用干し芋開発についてドバイスをすること。第1期メンバーはフィジーモ公式Instagramからエントリーした18人に決定した。

<メンバーInstagramメンション>
@1998_daiking
@chihuachs2
@chocope_physique
@fit_kohei1209
@jin_workoutgram
@kazuki00226
@lean_kanegon627
@mitsu_fitness.11
@sena.8942
@sora__10_03
@take_ableize
@takeshichan5023
@tamaru_world
@yoshihiro.akamatsu_0921
@yoshiyuki0615
@yu_i_ga_man
@yu_fit09
@yukkey.a

【「PHYSIIMOフィジーモ」プロジェクト】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る