Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

にんにくの需要増で「北海道 雪の下にんにく」発売 ファーマインド2021年3月9日

一覧へ

青果の総合流通・開発を手掛ける(株)ファーマインドは、「北海道 雪の下にんにく」を3月11日から発売する。

北海道産白玉王の新商品北海道産白玉王の新商品

新型コロナウイルス感染拡大による内食の増加に加え、在宅勤務の推進を背景に、昨年からにんにくの需要が大きく増加している。全国のスーパーのPOSデータによると、2020年のにんにくの販売数量は前年比約20%伸長した。これを受け同社では、より手ごろで食味の良いにんにくを求めるニーズに対応するため、「北海道 雪の下にんにく」を商品化した。

同社が実施した消費者アンケート(食宣伝)では、にんにくの購入時に選ぶ原産国やその理由について調査をしたところ、「安心できる」「香りが良い」「旨みが強い」といった理由から、国産にんにくを選ぶ人が半数以上を占めた。また、国産である安心感や購入しやすい価格設定もにんにくを選ぶ際に重要視していることが分かった。

新商品の品種は住友化学(株)がバイオ技術を駆使し、日本の在来種から選抜した優良品種「白玉王」。真っ白でぷっくりと肉厚な身は糖度が高く、旨みが強いのが特徴。そのまま素揚げにしたり焼いたりすることでおいしさを丸ごと味わえ、料理の具材や薬味としても幅広く活用できる。出荷時期は10月~3月下旬。販売価格はMサイズ1株178円(想定売価)。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る