Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2021年産「予約登録米」の募集受付開始 パルシステム2021年4月6日

一覧へ

パルシステム連合会は、2021年産「予約登録米」の募集を開始。指定の銘柄を収穫から1年間、定期的に届ける仕組みで、環境に配慮しSDGsに貢献する。

予約登録米の産直産地、JA津軽みらい(青森県)の田植え風景

予約登録米の産直産地、JA津軽みらい(青森県)の田植え風景

予約登録米の産直産地、JA津軽みらい(青森県)の田植え風景予約登録米 「エコ・秋田あきたこまち」

予約登録米は、田植え時期に組合員が予約登録した米を4週に1度、定期的に届ける仕組み。重量や配達週を選べ、精米したてのおいしい産直米を食べ続けることができる。

2011年の東日本大震災や2020年4月の新型コロナウイルスの影響で、量販店から米がなくなっら際も予約登録米は途切れずに届けられた。気候変動など、不測の事態が発生しても優先的に届ける「保険」のような仕組みとして、組合員から支持されている。

パルシステムの予約登録米は、安全性と環境保全にこだわる有機(コア・フード)とパルシステム独自の「エコ・チャレンジ」基準を満たすもの。化学肥料や化学合成農薬にできるだけ頼らない環境保全型の栽培に取り組んでおり、1年分を予約することで、計画的な米作りを支え、環境保全型農業の応援にもつながる。また、「作る」「食べる」の双方が安心できる制度として、次世代の生産者を育てる「あと押し」にもなっている。

パルシステムの予約登録米は、全国的な冷害で深刻な米不足に陥った1993年の教訓から、1995年に始まり、今年で27年目。登録人数は、2020年は18万人。募集銘柄は「エコ・青森つがるロマン 」「エコ・山形つや姫 」「エコ・会津こしひかり 」「トキを育むお米(エコ・佐渡こしひかり) 」「有機 宮城ひとめぼれ」「有機 秋田あきたこまち」など19銘柄。

2021年産から、コア・フード米は有機農産物に限定して届けられている。自然環境を守り、生きものとの調和を生かして栽培された有機米は、組合員が食べ続けることで、日本の環境を守る一端を担い、SDGsの達成にも貢献する。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る