Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「天穂のサクナヒメ×学生稲作プロジェクト」始動 新潟農業・バイオ専門学校2021年4月28日

一覧へ

新潟農業・バイオ専門学校(ABio)は、本格的な稲作要素が話題のアクションRPG「天穂(てんすい)のサクナヒメ」とコラボレーションした「天穂のサクナヒメ × 学生稲作プロジェクト」を5月から開始する。

「天穂のサクナヒメ×学生稲作プロジェクト」

米の産地である新潟の学生が取り組む産学連携プロジェクト。機械を使わず昔ながらの手法で栽培したこだわりのお米をサクナヒメに奉納するまでをSNSやブログを使って学生がレポートする。

ゲームの世界と同じ「手植え」「手刈り」など昔ながらの手法を学びながら、美味しいお米ができ上がるまでを発信し、現代の農業技術の進化とお米づくりの苦労、楽しさを共有していく。プロジェクトは5月から10月まで実施。新規描き下ろしイラストも同プロジェクト内で順次、先行公開を予定している。

収穫したお米は新潟の米卸売の新潟農商が協力し、「サクナヒメ奉納米1kgパック」として新潟県内の一部店舗とWEBショップ、イベント会場で10月中旬頃に限定販売を予定。

Nintendo SwitchとPlayStation4用ソフトの「天穂のサクナヒメ」は、鬼が支配する「ヒノエ島」を舞台に、豊穣神サクナヒメが様々な「武技」と伸縮自在の羽衣で華麗に鬼と戦う和風アクションRPG。「米作り」がていねいに描かれ、よい米を収穫するほど豊穣神であるサクナヒメがパワーアップする。

「天穂のサクナヒメ×学生稲作プロジェクト」

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

ヤンマーSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る