Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

千葉を代表する「まつどの梨」直売&梨もぎ開始 松戸市2021年8月2日

一覧へ

千葉県松戸市は、8月上旬から市内の観光農園で、梨の収穫量日本一の千葉を代表する「まつどの梨」の直売と梨もぎを開始。東京駅から電車で最短24分の気軽な都市近郊型のフルーツ狩りで、樹で熟したみずみずしい食べごろの梨が楽しめる。

もぎたて、新鮮さが好評「まつどの梨」(左)、松戸市観光梨園組合連合会の高橋会長もぎたて、新鮮さが好評「まつどの梨」(左)、松戸市観光梨園組合連合会の高橋会長

夏から初秋の風物詩として愛される「まつどの梨」は、シャキシャキの食感とジューシーさが特徴。松戸市は、青梨の代表的品種の1つ「二十世紀梨」の発祥の地としても知られ、市内には47の観光農園が点在する。

梨は、豊水、あきづきなど果皮が茶色い赤梨と、二十世紀、かおりなど果皮が緑色の青梨に大別され、約40種が栽培されている。松戸市は土壌・気候ともに栽培に適しているため、市内では約10種を栽培。「まつどの梨」は需要の高さから市場に出回ることが少なく、現地の観光農園で贈答用としての直売や梨もぎで人気がある。

松戸市観光梨園組合連合会の高橋治会長は「梨シーズンがやって来ました。今年は、梅雨の長雨による日照不足で、予定していた収穫始めより少し遅れますが、例年通り美味しい梨をお届けできます」と話している。松戸市では8月上旬~10月中旬にかけて、市内の全47園で梨の直売を実施。入園無料で、梨もぎ料金は、1キロあたり750円。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る