Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

保育園にいながら農業体験 Zoomで楽しく学ぶ水耕栽培実施 あしたばマインド2021年9月24日

一覧へ

株式会社あしたばマインドが運営する明日葉保育園相生園(東京都大田区)は9月2日、三重県にある農場「てしお夢ふぁーむ」とオンラインでつながり、農場見学・水耕栽培による種付けを実施。コロナ禍で遠方へ出掛けることが難しい状況だが、この日は東京の保育園にいながら三重県の農場で農業体験をするような雰囲気を味わい、子どもたちも大いに盛り上がった。

水耕栽培にについて積極的に質問する子どもたち水耕栽培にについて積極的に質問する子どもたち

てしお夢ふぁーむは、障がい者の就労継続支援A型事業所として三重県で運営している桑名木曽岬農場で、水耕栽培の小松菜やリーフレタス・フリルレタス、培地ではミニトマトを栽培している。種付けの当日は、相生園に大きなスクリーンを設置し、てしお夢ふぁーむの谷口丈仁さんとZoomでつながった。

プログラム前半では、桑名木曽岬農場から、ハウス内で育てている野菜の様子を映し出し、栽培している野菜を谷口さんが1種類ずつクローズアップして紹介。子どもたちは、実際に農場を訪問して見学しているような感覚を体験した。また、子どもたちが自発的に楽しんで参加できるよう、野菜の説明の途中でクイズを出題。子どもたちは一斉に手を挙げ、積極的に発言していた。

プログラム後半では、ペットボトルで小松菜を育てる水耕栽培キットを制作し、種付けを体験。あらかじめ相生園でペットボトルとスポンジ・ラップ・小松菜の種を用意し、谷口さんからキットの作り方を動画で教わりながら実際に作った。キットの完成後は、実際に小松菜を水耕栽培する方法について、谷口さんが説明。子どもたちも興味津々で、「お日様に当てたほうが良いですか」「どうしてラップを巻くんですか」「いつ芽が出ますか」「小松菜おいしいですか」「いつから食べられますか」など、次々と手を挙げて質問していた。

今回は、オンラインを活用することで、遠く離れた三重県へ遠足に行ったように貴重な体験となった。また、子どもたちは水耕栽培の楽しさと大変さを体感し、普段食べている野菜への関心を深めていた。

水耕栽培キットを制作し、小松菜の種付けを体験水耕栽培キットを制作し、小松菜の種付けを体験

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る