Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

小麦粉市場 2026年に1940億米ドル規模到達見込み2021年9月28日

一覧へ

株式会社グローバルインフォメーションは9月17日、市場調査レポート「小麦粉市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会および予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を開始した。

同レポートによると、小麦粉市場は、2020年に1600億米ドルの価値に達し、2026年には1940億米ドルに達すると予測されている。

小麦粉は現在、世界中で使用されている最も人気のある食品素材の一つ。小麦粉には、コレステロール値の低下、代謝の向上、肥満の抑制、血糖値の調整などの健康効果がある。また、小麦粉は、生地に強度と弾力性を与え、焼いた製品の食感を良くするタンパク質であるグルテンを含んでいるため、広く使われている。人口増加、可処分所得の増加、ベーカリー製品の消費量の増加、ライフスタイルの変化などの要因が、世界の小麦粉需要をさらに押し上げている。

小麦粉は、パン、麺類、パスタ、朝食用シリアルなどのベーカリー製品やファーストフード製品の主原料として使用。このような製品の需要の増加に伴い、世界全体で小麦粉の売上が増加している。さらに、小麦粉は他の穀物を原料とした小麦粉に比べて安価であるため、あらゆる社会経済的グループの消費者が容易に入手できる。また、メーカーは国民の栄養ニーズに応えるため、ビタミンA強化小麦粉を発売。この他にも、小麦粉はバイオプラスチック、接着剤、紙、シャンプー・リンスなどの生産にも使われている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る