Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農業を通じた地方創生事業 敷島製パンとトレードトラストから資金調達 Yui support2021年10月14日

一覧へ

静岡県浜松市で地産地消を主とした食品卸売や商品開発、販路開拓を手がけるYui support株式会社は、敷島製パンとトレードトラストからの資金調達を実施した。

農業を通じた地方創生事業 敷島製パンとトレードトラストから資金調達 Yui support

Yui supportは、主に地産地消の食品卸売や商品開発、販路開拓事業を通じて、生産者・販売者・消費者それぞれが地域の食に関わり協力・共存できる仕組みを作ることで、地域の発展をめざしている。

コロナ禍により、飲食業や観光業などの事業者への被害が深刻化したことによる食品ロス等の問題が増え、子育て世代では、人とのつながりがなくなり子育ての不安を抱えている人が増え、地域課題となっている。そこで、同社は新たな取り組みとして、「地産地消」「国産原料」をテーマにしたキッチンカー事業「七菜食プロジェクト」を展開する。

農産物は、生産計画を行っても天候などに左右され、農産物価格が下がり、ロス食材が出てしまう。「七菜食プロジェクト」は、それらの農作物を農業生産者から購入し、加工や、直売ができるキッチンカーで扱うことで、農業生産者の販路開拓、価値向上を支援する。また、子育て中の母親をはじめとした地域の消費者にキッチンカーを地域のコミュニケーションコンテンツとして活用してもらうことで、コロナ禍における不安解消の場づくりに取り組む。

また、キッチンカー事業は、三密を避けて飲食のサービス提供ができるだけでなく、商品PR、マーケティングを行う場としても活用できる。同社は、今回調達した資金を新規事業展開のための活動資金に充てる予定で、さらなる地産地消と地域経済の活性化への寄与をめざす。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る