おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

第1回全国ミニトマト選手権 岡山・橋本農園の「トマデリッシュ」が最高金賞2022年4月20日

一覧へ

日本野菜ソムリエ協会は4月13日、毎月1回実施している「野菜ソムリエサミット」の特別企画として野菜ソムリエが今、最もおいしいミニトマトを選ぶ「第1回全国ミニトマト選手権」を開催した。

「第1回全国ミニトマト選手権」で評価員の野菜ソムリエによる審査の様子「第1回全国ミニトマト選手権」で評価員の野菜ソムリエによる審査の様子

「野菜ソムリエサミット」は、価値ある青果物や加工品を評価・認証し、広く世の中に発信することで、生産者を応援し、日本の農業の活性化に寄与するため、野菜ソムリエが選ぶ野菜・果物とその加工品の品評会。「第1回全国ミニトマト選手権」では、全国各地から70品のミニトマトがエントリーされ、評価員の野菜ソムリエらが商品名や産地、生産者情報などを一切知らされずに食味。その美味しさを相対評価で審査し、全員の合計点数によって決めた。

最高金賞トマデリッシュ最高金賞トマデリッシュ

その結果、最高金賞には、岡山県赤磐市の橋本農園が栽培する「トマデリッシュ」に決定。新鮮で爽やかな歯ごたえと、果汁の甘さ・酸味に加え、深い「旨味」をめざしたトマトで、生産者は「時にきびしく、時に優しく育てることで、複雑で奥深い味わいへと変化していくトマト一粒にノウハウと愛情が詰まっている」とコメントしている。

評価員からは、「トマトらしいトマト。甘みと酸味のバランスがよく、良く香りやちょっと皮はかためですが食感もちょうどよい」「ゼリー部がジューシーでトマトジュースのよう。独特の旨味は初めて口にする味」「コクのある旨みと甘みなのに後味がすっきりでおかわりしたくなる味」と評価された。

以下、受賞したミニトマトは次の通り。

【金賞】
山のふ元のあまトマト(フルティカ)
出品者:大栄ファーム(宮城県)

【金賞】
スイートルビー
出品者:株式会社広島アグリネットファーム(広島県)

【銀賞】
プチぷよ
出品者:とまとや中村阮(兵庫県)

【銀賞】
クララスイート
出品者:小林農園(愛知県)

【銅賞】
とマとマとマと
出品者:株式会社ベジ・アビオ(新潟県)

【銅賞】
SWEET10トマト
出品者:株式会社三光ファーム(群馬県)

【銅賞】
金赤トマト
出品者:株式会社にじまち(愛知県)

【銅賞】
ドロップファームの美容トマト(R)
出品者:ドロップファーム(茨城県)

【銅賞】
福笑とまと
出品者:えがおに農園[株式会社セスナー](山形県)

【銅賞】
おかしなとまと
出品者:株式会社恵那川上屋(岐阜県)

【入賞】
・富士トマ/宮下功(山梨県)
・スパルタ生まれのひみこ/アグリプラント甲斐の木(島根県)
・Azuki/株式会社めぐりとまと(愛知県)
・ましまファームのアイメック(R)トマトMIX[トスカーナバイオレット]/ましまファーム(高知県)
・ましまファームのアイメック(R)トマトMIX[フルティカ]/ましまファーム(高知県)
・トマトに秘められた旨味。"プチぷよ"/株式会社アクアヴェルデAWAJI(兵庫県)
・ラブリー藍/アマノ株式会社(神奈川県)
・ごほうびトマト/株式会社風の子ファーム(埼玉県)
・さくらんぼトマト/株式会社デアルケ(三重県)
・神畑トマト/四つ葉農園(山口県)

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る