左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

東京都町田市と包括連携協定を締結「新しい里山づくり」推進 LOCAL BAMBOO2023年3月29日

一覧へ

LOCAL BAMBOO(宮崎県延岡市)は3月29日、里山における課題解決と町田市が目指す「新しい里山づくり」を推進するため、町田市と包括連携協定を締結したと発表。町田産メンマの商品開発や里山の魅力を伝える情報発信を行い、持続可能な里山づくりを推進する。

包括的連携協定を締結した町田市の石阪市長(左)とLOCAL BAMBOO代表取締役の江原太郎氏包括的連携協定を締結した町田市の石阪市長(左)とLOCAL BAMBOO代表取締役の江原太郎氏

LOCAL BAMBOOは延岡市を中心に、放置竹林をメンマにして、森を育てる活動を行っている。今回の包括的連携協定により、これまでのメンマづくりを中心とした放置竹林の課題解決における経験・ノウハウを生かして、"東京・町田発の新しい里山づくり"を推進をめざす。

町田市は、市内の里山環境の持続可能な保全を目的とした「町田市里山環境活用保全計画」を策定。里山環境を資産として活かし、市内外の幅広い主体との連携・協働による里山の場(空間)と農産物や木材など里山の資源活用を促進することで、経済、社会、環境の新たな循環の構築を目指す「新しい里山づくり」を推進している。同社との連携協定の締結にあたり、町田市の石阪丈一市長は「今後の取り組みが里山管理の前例になれば」と期待を寄せている。

LOCAL BAMBOOが手がけるクラフトメンマの「延岡メンマ」LOCAL BAMBOOが手がけるクラフトメンマの「延岡メンマ」

今後の取り組みとしては、市内の竹林で収穫した規格外の筍を活用した"町田産メンマ"の生産や商品開発、地域の小学生を対象とした食育に関する特別事業の実施、竹林の整備や町田産メンマの開発など「新しい里山づくり」に関する情報発信からプロジェクトを始める。

両者は、包括連携協定において主に以下7つの項目に取り組む。

(1)竹林の整備に関すること
(2)規格外筍を活用した町田産メンマの生産に関すること
(3)町田産メンマを活用した料理レシピの作成に関すること
(4)まちだの里山における取組の情報発信に関すること
(5)里山の魅力向上につながる体験型イベントの企画および実施に関すること
(6)まちだの里山や町田産メンマのマーケティングやブランディングに関すること
(7)その他、まちだの里山の魅力の創出や向上につながる事業の企画および実施に関すること

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る