人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

移動スーパー「とくし丸」大和高田市と「買い物支援事業」で協定締結 近商ストア2023年3月31日

一覧へ

株式会社近商ストアと奈良県大和高田市は3月30日、日常の買い物が困難となっている住民の生活機能を維持するため、移動スーパー「とくし丸」を通して住民の買い物を支援することを目的に「買い物支援事業に関する協定」を締結した。

同協定において、近商ストアは、食料品、生鮮食品、惣菜、日用品などを積み込んだ移動スーパー「とくし丸」を運行。住民の買い物の利便性向上を図るとともに、移動販売時における住民への声掛け等を通じ、地域社会の活性化を目指す。

「買い物支援事業に関する協定」を締結した大和高田市の堀内大造市町(左)と近商ストアの小林敏幸常務取締役「買い物支援事業に関する協定」を締結した大和高田市の堀内大造市長(左)と近商ストアの小林敏幸常務取締役

大和高田市は、地域の自治会や施設等からの支援の申し出を調整するとともに、地域住民に広報誌等において周知。現物を見て、触って、感じて選べる「とくし丸」の運行を通じて、より多くの市民に「お買い物」の楽しみを届ける。

近商ストアは大阪、奈良、京都で37店舗のスーパーマーケットを経営する近鉄グループの会社。株式会社とくし丸と提携し、2018年4月に奈良県生駒市で移動スーパー「とくし丸」の運行を開始した。現在は、大和高田市をはじめ、大阪、奈良、京都などで22台を展開している。

軽車両に販売商品を積み込んだ、移動スーパー「とくし丸」軽車両に販売商品を積み込んだ、移動スーパー「とくし丸」

「とくし丸」は、冷蔵機能を備えた軽車両に販売商品を積み込み、利用者宅を個別に訪問して販売するため、利用者に体調不良の兆候などがあった場合、地域の自治体や警察署と協力しながら、地域包括支援センター等に連絡している。また、詐欺事件を防止する注意喚起をするなど一人暮らし高齢者の「見守り役」としても地域に貢献している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る