人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

再エネ電力を虎ノ門ヒルズに供給「営農型太陽光発電所」茨城県筑西市で運転開始 森ビル2024年2月14日

一覧へ

森ビルは、農業と太陽光発電を同時に行う「営農型太陽光発電所(メガソーラー)」全6サイト、延べ10ha以上の開発を2023年度末から2024年度にかけて推進しており、その第一弾となる「森ビル筑西市桑山営農型太陽光発電所」が2月13日に運転を開始した。

森ビル初の「営農型太陽光発電所」(茨城県筑西市)森ビル初の「営農型太陽光発電所」(茨城県筑西市)

運用を開始する茨城県筑西市の発電所は、農業の後継者問題により荒廃リスクを抱えていた農地を利用しており、敷地面積は約1.9ヘクタール。設置する太陽光発電設備では年間約280万kWhの発電量が見込まれ、発電された電力は、オフサイトPPAにより虎ノ門ヒルズ森タワー(東京都港区)に供給される。また、同社は筑西市と防災協定を締結するなど、地域防災の向上にも寄与していく。

敷地(農地)では、協業者の株式会社エコ革ファームが、小麦と大豆の二毛作を実施予定。また、子どもたちによる種まき、収穫体験、食育、環境教育などの実施も予定している。

営農型太陽光発電は、農業を行いながら、その地上に一定間隔に隙間をあけ設置した太陽光パネルで発電も行う仕組み。営農の継続や荒廃農地の再生による食料自給率の維持・向上と、再エネ発電を同時に図るとともに、再エネ開発のための大規模な森林伐採、盛り土・切り土などを伴わない環境配慮型の再エネ開発の手法として注目されている。

運行開始セレモニー(13日、茨城県筑西市)運行開始セレモニー(13日、茨城県筑西市)

森ビルは、2022年5月に脱炭素化に向けた温室効果ガス排出量削減目標を設定。以降、同9月にRE100に参加、同12月に中間目標についてSBTi認定取得、2023年3月末時点で国内需要の7割を再エネ電力に切替え完了するなど、目標の達成に向けた取り組みを推進している。

同社は、営農型発電所開発の取り組みについて、長期的な再エネ電力の調達を実現するとともに、社会課題の解決にもつながるとして、"都市と自然の共生""都市の脱炭素化""資源循環型の都市"の追求により、持続可能な社会の実現をめざす。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る