Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

シャインマスカットの全ゲノム解読に成功2019年8月23日

一覧へ

 (公財)かずさDNA研究所と農研機構は、8月22日、ブドウ「シャインマスカット」の高精度な全ゲノム解読に成功したと発表した。

 かずさDNA研究所と農研機構果樹茶業研究部門は共同で、ブドウ「シャインマスカット」の全ゲノム解析を行い、ワイン用欧州ブドウとのゲノム構造を比較した。
 「シャインマスカット」は農研機構が開発した黄緑色でマスカット香をもつ良食味の生食用欧米雑種ブドウだ。
 これまで、ワイン用欧州ブドウではゲノム解読がされていたが、生食用欧米雑種ブドウでは全ゲノム配列が明らかになっていなかった。
 同研究所と農研機構は、「シャインマスカット」の全ゲノム配列が染色体レベルで明らかになったことで、生食用欧米雑種ブドウの果実品質や病気に対する抵抗性など、より良い品種をつくるための重要な遺伝子に関わる研究を一層進めることができると、意義を説明する。
 今回、全ゲノムの99.4%の配列を解読した研究成果は、bioRχiv(バイオアーカイブ)で8月19日にオンライン公開されている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る