栽培技術 ニュース詳細

2019.08.23 
シャインマスカットの全ゲノム解読に成功一覧へ

 (公財)かずさDNA研究所と農研機構は、8月22日、ブドウ「シャインマスカット」の高精度な全ゲノム解読に成功したと発表した。

 かずさDNA研究所と農研機構果樹茶業研究部門は共同で、ブドウ「シャインマスカット」の全ゲノム解析を行い、ワイン用欧州ブドウとのゲノム構造を比較した。
 「シャインマスカット」は農研機構が開発した黄緑色でマスカット香をもつ良食味の生食用欧米雑種ブドウだ。
 これまで、ワイン用欧州ブドウではゲノム解読がされていたが、生食用欧米雑種ブドウでは全ゲノム配列が明らかになっていなかった。
 同研究所と農研機構は、「シャインマスカット」の全ゲノム配列が染色体レベルで明らかになったことで、生食用欧米雑種ブドウの果実品質や病気に対する抵抗性など、より良い品種をつくるための重要な遺伝子に関わる研究を一層進めることができると、意義を説明する。
 今回、全ゲノムの99.4%の配列を解読した研究成果は、bioRχiv(バイオアーカイブ)で8月19日にオンライン公開されている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ