JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

ナシ、カキ、カンキツに果樹カメムシ類県内全域で発生 愛知県2021年9月7日

一覧へ

愛知県県農業総合試験場は、果樹カメムシ類(主にチャバネアオカメムシ)の発生を県内全域で確認。これを受け、9月3日に病害虫発生予察注意報第10号を発令した。

チャバネアオカメムシの成虫(写真提供:愛知県農業総合試験場)チャバネアオカメムシの成虫(写真提供:愛知県農業総合試験場)

豊橋市と新城市に設置した予察灯で、チャバネアオカメムシの誘殺数が8月第5半旬に急増した。豊橋市の予察灯では、チャバネアオカメムシの8月第1半旬から第5半旬までの誘殺数の合計が694頭(平年239頭、前年349頭)で、過去10年間と比較して2番目に多かった。

新城市の予察灯では、チャバネアオカメムシの8月における誘殺数の合計が397頭(平年162頭、前年64頭)で、過去7年間と比較して2番目に多くなっている。また、7月下旬に行ったヒノキ球果の口針鞘数調査の結果、県内各地点で8月中旬から9月上旬にヒノキ林からの離脱が始まると予測。すでに多くの地域で果樹園への飛来が始まっていると推定される。

同試験場では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇果樹カメムシ類は気温が高く風の弱い夜に果樹園へ飛来することが多いので、ほ場での飛来状況をよく確認する。局地的に飛来し、集中的に加害する傾向があるため、被害の発生状況は園地間差が大きい。過去に果樹カメムシ類の被害が多かった園では特に注意する。

〇発生を確認したら、次表を参考に薬剤を散布する。収穫中のほ場における薬剤の使用にあたっては、収穫前日数に注意する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る