2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

垂直農法市場 2026年に198億6000万米ドル規模到達見込み2022年3月7日

一覧へ

グローバルインフォメーションは3月2日、市場調査レポート「垂直農法の世界市場 (2020-2026年):メカニズム・製品・国別」(BIS Research Inc.)の販売を開始した。

垂直農法は、垂直方向に傾斜した面で様々な野菜や果物を生産する農法。従来の畑や温室での野菜や果物の栽培とは異なり、輸送用コンテナや再利用された倉庫、超高層ビルなどの構造物を利用して、垂直方向に何層にも積み重ねて生産する。

垂直農法は、ビッグデータ分析、ロボット工学、IoT(Internet of Things)、AI(Artificial Intelligence)などの多くの技術を統合した作物生産システムでもあり、農学的な制約を受けずに作物が順調に育つ。作物を常に観察し、農場内の温度、湿度、照明、空気循環を維持するため、いくつかの技術が必要となる。垂直農法で利用される高度な技術は、作物の生産、収穫スケジュール、品質管理や、農場の適応力を高め、新たな、あるいは予期せぬ危険を回避するのにも役立つ。

世界の垂直農法市場の概要

世界の垂直農法市場は、2020年には55億米ドル規模に達した。2021年から2026年の間に市場は24.3%の年平均成長率(CAGR)で成長し、2026年には198億6000万米ドル規模に達すると予測されている。市場の成長は、農村部から都市部への人口移動や、耕地面積の減少などの影響を強く受けており、これ以外にも、従来の農業に比べて優れていることや、発光ダイオード(LED)技術の進歩、高品質・高レベルの食品安全性の保証などの要因も市場を牽引している。

市場区分:メカニズム別

垂直農法は、水耕栽培、エアロポニックス、アクアポニックスなど、さまざまなメカニズムで行われる。水耕栽培は水の中で植物を育て、エアロポニックスは空気中に植物を浮遊させて育て、アクアポニックスは、水耕栽培と魚の養殖を統合した優れたシステム。植物を育てるために水と魚の両方を必要とする。

世界の垂直農法市場では、水耕栽培分野が最大の規模を誇る。水耕栽培の農場は、植物の成長を最適化し、地元の新鮮な食材を提供し、水、スペース、輸送、農薬の使用を最小限に抑えることができる。また、水耕栽培は、温室内で自然光を利用して行うことができるが、スペースを節約するためにLEDライトを使用するのが一般的。このように水耕栽培には様々な利点があるため、世界中でその需要が高まっている。

市場区分:製品別

垂直農法に使われる製品(コンポーネント)は、照明装置、水耕栽培コンポーネント、気候制御装置、センシング装置など多岐にわたり、照明器具の需要は、先進国と発展途上国の両方でプラスの成長を遂げると考えられる。こうした成長は、主に、若い植物の繁殖、より健康的な作物の栽培、無農薬の作物など、照明器具の利点による。また、垂直農法用照明を使用して複数の層の作物を照らすことで、より少ない設置面積で高い収穫量を得られ、作物の生産量を増やすことができる。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る