2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

【注意報】斑点米カメムシ類 多発のおそれ 福井県2022年7月25日

一覧へ

福井県農業試験場病害虫防除室は、7月下旬の早生出穂ほ場における斑点米カメムシ類の生息数が、平年より多く、未出穂の水田への侵入も多く確認されていることから、斑点米が多発生する恐れがあるとして、7月22日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

7月19~21日に県内25地点で早生品種水田内でのすくいとり調査(40回振り)を行ったところ、アカスジカスミカメ、ホソハリカメムシ、クモヘリカメムシなどが、県下平均、15.8頭と、平年9.8頭、前年10.8頭よりかなり多かった。出穂前の中生等のほ場でも、トゲシラホシカメムシ、ホソハリカメムシ等が水田内に侵入している地点がみられる。

アカスジカスミカメやアカヒゲホソミドリカスミカメなど、カスミカメムシ類の第2世代成虫の発生最盛期は、平年並みの7月5半旬頃と考えられる。早生品種については、平年よりかなり早い出穂期となり、中生・晩生品種についても出穂が早まる傾向にある。

7月21日に新潟地方気象台が発表した北陸地方の1か月予報では、気温が高い予報であり、斑点米カメムシ類の発生や活動に好適となる。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

(1)出穂期以降の草刈りはカメムシ類の水田内への侵入を助長するので行わない。

(2)粉・液剤での防除は、穂揃期~乳熟期と糊熟初期の2回薬剤散布を行う。

(3)粒剤での防除は、薬剤によって散布時期が違うので注意する。

(4)カメムシ類は、水田の周縁部に多く発生するため、本田防除の際は畦畔も含めて防
除する。

(5)クモヘリカメムシの発生が多い場合は、収穫14~7日前に追加防除を行う。ただし、使用基準を遵守する。

(6)水田内の雑草が多い圃場では、カメムシ類が定着し、斑点米の発生が多くなるため防除を徹底する。

◎粉・液剤での防除
(1)穂揃期~乳熟期(出穂3~5日後頃)と糊熟初期(出穂10~14日後頃)の2回薬剤散布を行う。

(2)斑点米カメムシ類は、日中はあまり活動しないため、夕方か早朝に薬剤散布を行う。

◎粒剤での防除
(1)粒剤での防除は、薬剤によって散布時期が異なるため注意する。

(2)散布時は水深3センチ程度の湛水状態とし、3~4日湛水した後、自然落水する。

◎追加防除
農薬散布後も水田内に斑点米カメムシ類の発生が多い場合は、追加防除を行う。薬剤の散布にあたっては、最新の農薬使用基準(使用時期・使用回数等)を遵守する。

【令和4年度福井県農作物病害虫防除指針】

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る