第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

【注意報】水稲にトビイロウンカ 美濃地域で多発のおそれ 岐阜県2022年9月9日

一覧へ

岐阜県病害虫防除所は、水稲にトビイロウンカが美濃地域(岐阜・西濃、中濃、東濃地域)で9月上旬以降、多く発生するおそれがあるとして、9月8日に病害虫発生予察注意報第5号を発令した。

水稲に寄生するトビイロウンカ・トビイロウンカによる坪枯れ(写真提供:岐阜県病害虫防除所)水稲に寄生するトビイロウンカ・トビイロウンカによる坪枯れ(写真提供:岐阜県病害虫防除所)

8月9日に海津市海津町に設置した予察灯において、トビイロウンカの雄成虫1頭が誘殺された。また、同25日に羽島市の水稲ほ場(品種:ハツシモ岐阜SL)で岐阜農林事務所が実施した払い落とし調査で、トビイロウンカの疑義虫1頭を捕獲。病害虫防除所で検鏡したところ、トビイロウンカ(長翅型雌成虫)であることが確認された。

8月29日から9月1日に25地点59ほ場(岐阜・西濃地域12地点34ほ場、中濃地域8地点11ほ場、東濃地域5地点14ほ場)で実施した追加調査により、美濃市の1ほ場において同種の成虫(長翅型雌成虫1頭)が確認された。

美濃地域の広範囲で同種が発生していると推測され、晩生品種(ハツシモ岐阜SL)等において、被害が発生する恐れがある。

名古屋地方気象台9月1日に発表した1か月予報では、気温が高いと予想されており、同種の増殖に好適な条件となる恐れがある。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇9月以降に収穫を迎える品種では、「坪枯れ」被害が発生する可能性があるため、ほ場の見回りを行い、特に水面近くのイネの株元を重点的に観察し、確認された場合は早急に防除する。

〇トビイロウンカに対して効果が高く、薬効期間が長いトリフルメゾピリム等の成分を含む箱施用を使用していないほ場では、出穂期防除を実施する。

〇同種の生息部位は、水面近くの株元であるため、薬剤は株元にかかるよう丁寧に散布する。

〇粒剤を使用する場合は、効果が現れるまでに時間を要するため、早めに散布する。

〇農薬の使用にあたっては、最新の登録情報を参照し、使用時期(収穫前日数)について十分に注意しながら適正に使用する。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る