人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

雑草抑制&遠隔監視ロボット「雷鳥1号」開発 ドローン直播&水管理運用を実践2023年5月17日

一覧へ

テムザックは、水田における雑草抑制&遠隔監視ロボット「雷鳥1号」(プロトタイプ)を開発し実証用の水田に投入し、ドローンによる播種作業の実施や水管理システムの運用を開始した。省力化を追求した"WORKROID(ワークロイド)農業"で米粉用の稲作に挑戦する。

雑草抑制&遠隔監視ロボット「雷鳥1号」雑草抑制&遠隔監視ロボット「雷鳥1号」

同社は、産業用ロボットでもコミュニケーションロボットでもない、人と共存しながらより実用的な業務を遂行する"WORKROID(ワークロイド)"を開発している。農業においては人手不足や耕作放棄地が増える中、宮崎県延岡市で、ロボット技術を用いて省力化を追求する"WORKROID農業"を開始。その取り組みの一部として、水田における雑草抑制&遠隔監視ロボット「雷鳥1号」を新たに開発し、実証用の水田に投入した。ロボット技術を活かし農業経験のない人でも取り組める省力化農業を追求しており、農業ワークロイド(雷鳥シリーズ)、ドローン、水管理システムなどを最大限活用し、米粉用の水稲直播栽培を実施する。

WORKROID(ワークロイド)農業概要WORKROID(ワークロイド)農業概要

「雷鳥1号」は、田んぼの雑草抑制・遠隔監視をするロボット。α版は自律航行型で、水を攪拌して泥を巻き上げることで光合成を妨ぎ、雑草の生育を抑える機能を備えている。前進→右旋回→前進→左旋回という単純な動きをランダムに行うようプログラミングしており、複数台を同時に稼働することで効率的に隅々まで撹拌が可能。β版は遠隔操作型で、離れた場所からカメラ映像を見ながら遠隔操作し、水田の様子を確認することができる。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る