人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

【注意報】かんきつ、落葉果樹に果樹カメムシ類 県内全域で多発のおそれ 静岡県2023年10月2日

一覧へ

静岡県病害虫防除所は、かんきつ、落葉果樹(かき、キウイフルーツ等)に果樹カメムシ類(チャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、クサギカメムシ)が県内全域で多発のおそれがあるとして、9月29日に令和5年度病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

果樹カメムシ類とその被害果(写真提供:静岡県県病害虫防除所)果樹カメムシ類とその被害果(写真提供:静岡県県病害虫防除所)

静岡県病害虫防除所によると、県内4か所の予察灯における9月上中旬の合計誘殺数の平均は、チャバネアオカメムシが770頭か所(平年360頭か所、平年比2.1倍)(図1)、ツヤアオカメムシが549頭か所(平年258頭か所、平年比2.1倍)(図2)、クサギカメムシが39.3頭か所(平年24.6頭か所、平年比1.6倍)(データ省略)で、いずれも平年より多かった。特に、西部地域の予察灯(磐田市2か所、浜松市1か所)において果樹カメムシ類の誘殺が多かった(図1、図2)。

【注意報】かんきつ、落葉果樹に果樹カメムシ類 県内全域で多発のおそれ 静岡県

県内6か所のフェロモントラップにおける9月上中旬の合計誘殺数の平均は、チャバネアオカメムシが79.5頭/か所(平年61.7頭、平年比1.3倍)と平年よりやや多く、9月に入り県内全域で誘殺数が増加している(図3)。

果樹カメムシ類の好適な餌であるヒノキ球果(種子)において、球果1個あたりの吸汁痕数が25を超えると、同虫はヒノキから離脱し、餌を求めて果樹園に飛来するとされている。9月中旬のヒノキにおける球果1個あたりの吸汁痕数は、平均13.4(平年15.0)と平年並だったが、吸汁痕数が既に25を超える場所もあるため、同虫がヒノキから離脱している可能性もある。

今年は、県内全域で同虫の数に対して餌となるヒノキ・スギ球果の着果量が少なかったことから、本虫が餌を求めて果樹園へ飛来し、果実を加害する恐れがある。

果樹関係の病害虫防除員からの報告によると、15人中7人が果樹カメムシ類の発生が「多い」または「やや多い」と回答。これら多発の報告は、特に中部・西部地域で多く、一部の果樹園(特に中山間地)で本虫の飛来を確認したとの情報も複数寄せられている。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇果樹カメムシ類の飛来に注意し、ほ場で発生を確認したら直ちに薬剤防除を行う。成虫の移動範囲は広いため、地域での一斉防除が効果的。ヒノキ・スギ林の隣接地域(特に中山間地)や台風通過後の園地では、急激に発生が増加する場合があるため注意する。

〇薬剤防除については、「静岡県農薬安全使用指針・農作物病害虫防除基準」を参照。なお、薬剤の選択に際しては収穫前日数に注意する。

〇今後の発生状況については、病害虫防除所ホームページで提供している「害虫誘殺グラフ(果樹カメムシ類)」を参考にする。

〇同虫の発生は例年10月末で終息するが、最高気温が20~20℃を超える場合は11月でも発生することがあるため注意する。

〇不明な点については病害虫防除所、農林技術研究所果樹研究センター、農林事務所等の指導機関に問い合わせる。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る