左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
2・PC:朝日アグリア・エコレット
日本曹達 231012 SP

3.7億円の資金調達を実施 AIとロボットで有機農業を推進 トクイテン2023年10月26日

一覧へ

AIとロボットで有機農業の自動化を進める株式会社トクイテン(愛知県名古屋市)は、ユナイテッド株式会社をリード引受先とする第三者割当増資および、日本政策金融公庫の資本性ローンによるプレシリーズAの資金調達を実施した。

3.7億円の資金調達を実施 AIとロボットで有機農業を推進 トクイテン

同社は今後、調達した資金をもとに、ロボットエンジニア、セールス、バックオフィス人材を採用し、農業ロボットの開発、ロボットやAIを活用して有機農業の自動化を実現する「トクイテンパッケージ」の開発に注力する。

同社は「持続可能な農業へのシフトを加速する」をミッションに、AIやロボット技術を活用した有機農業の自動化を進めている。2022年10月にはシード資金を調達し、ロボットのプロトタイプ開発と2000平米の自社の栽培施設での有機農業を進めてきた。

自社農場で収穫動作を検証中のロボット自社農場で収穫動作を検証中のロボット

収穫ロボットや液体噴霧ロボットや防虫ロボットなど複数のロボットのプロトタイプを開発し、作物生産では4月には有機JAS認証を取得し、科学的なアプローチによるミニトマト栽培を成功。味や糖度の高さが評価され初回からオーガニックスーパーや百貨店やホテルに出荷している。

同社は一部のロボット化や自動化だけでなく栽培の全体の自動化を目指し、このほどその全体像をコンセプトムービーで公開した。動画では収穫や葉かき、芽かきといった複数の作業をこなすロボットが様々な作業をしながら出荷までする様子を表現。広大な面積をごく少人数で管理できることを目指している。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る