左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高は1184億3700万円 28年12月期第3四半期 井関農機2016年11月29日

一覧へ

 井関農機(株)は、平成27年12月期から決算期を3月31日から12月31日に変更した。このため、当第3四半期業績は、前年同一期間である平成27年1月1日から平成27年9月30日までの業績比較となる。当第3四半期の売上高は1184億3700万円(前年同一期比7億5000万円増、0.6%増)となった。

 国内においては農機需要の回復が鈍く、農機製品は減少したものの、作業機、補修用部品、修理収入を含めた農機全体では増加となった。国内売上高は、その他農業関連(施設工事など)が減少したことで、前年同一期比10億7100万円減少し919億2900万円(1.2%減)となった。
 海外においては、円高による為替換算の影響があったが、今年度から販売した中国向けトラクタ半製品の出荷が増加し、アセアンでのインドネシアやタイ向けトラクタの出荷増があり、売上高は前年同一期比18億2100万円増加し、265億700万円(7.4%増)となった。
 営業利益は、ローコストオペレーションの徹底による大幅な経費の圧縮や人件費の削減により、前年同一期比16億6300万円増加し、27億6500万円(151.0%増)となった。
 経常利益は、為替差損や持分法による投資損失の計上などにより、前年同一期比7億2500万円増加し、16億1000万円(82.0%増)となった。親会社株主に帰属する四半期純利益は7億1100万円となった。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る