左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

G20各国農相がスマート農業視察2019年5月16日

一覧へ

 新潟市で行われたG20農相会合に出席した各国農相らは12日、新潟市と連携する各社が取り組む「スマート農業」を視察した。

井関農機の有人監視型ロボットトラクタ井関農機の有人監視型ロボットトラクタの実演

 

 新潟市は、2014年の国家戦略特区の指定以降、井関農機など革新技術を持つ企業や農業ベンチャーと取り組んできた。この日は、地元農家や農機メーカーが自動運転のトラクターや田植え機を実演し、人手不足など農業の課題に対応するための日本の最新技術を披露した。
 農相らは、水稲25㌶と大豆15㌶を栽培する農業生産法人、米八を訪れ、井関農機が開発した簡単に直進作業ができる「直進アシスト機能」や、田植えと同時に施肥量をコントロールする「可変施肥機能」を合わせたスマート田植機、農作業の省力化を実現する有人監視型ロボットトラクタの実演を視察。また、ドローン(小型無人飛行機)の自動飛行や農研機構が研究開発中の自動運転田植機などの取り組みも紹介された。

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る