農機・資材 ニュース詳細

2019.11.12 
トルコギキョウに8品種追加 サカタのタネ 一覧へ

 サカタのタネは、トルコギキョウ新品種「ボヤージュ (1型) スノー」 (写真左)と「マキア (2型) ホワイト」など計8品種の種子を11月から販売する。需要の高いフリンジ八重咲きの白色やユニークなカラーなどより栽培しやすくなった。

トルコギキョウボヤージュ (1型) スノー (左)とマキア (2型) ホワイトボヤージュ (1型) スノー (左)とマキア (2型) ホワイト

 フリンジ咲きで花形に優れた「ボヤージュ」シリーズに純白で大輪、きれいなフリンジの入る「ボヤージュ(1型)スノー」を追加した。揃いがよく低温伸長力があるために、咲きづらい冬場から春先にかけて安定した出荷ができる。
 「マキア (2型) ホワイト」は、白色でほどよいフリルが入る中大輪の品種。生産者には栽培のしやすさと、一般消費者にはカジュアルな使いやすさを提案する「マキア」ブランドの新品種で、葉の先が茶色に変色し、最終的に枯れてしまうチップバーンや、 蕾が成長を止め、開花せずに枯れてしまうブラスチングが起きにくく栽培しやすい。また、比較的枝数が取りやすく秀品率が高いのが特徴。適度な大きさの花でほかの花との相性もよい。
 このほか、花持ちのよい「ソロ」シリーズに「ソロPFパープル」「同PFピンク」「同PF イエロー」「同PFララブルー」の4品種を追加。また、「ボヤージュ」シリーズには「ボヤージュ (2型) マスカット」「同 (2型) ピンク (ver.2)」の2品種を追加する。
 ペレット種子またはプライマックスペレット種子で1袋4000~5000円(税抜き)。全国の種苗店、JAのルートを通じて販売。
 問い合わせは(電話)045-945-8804。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ