Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

しみ腐病に強く機械収穫に最適 春夏ニンジン「恋むすめ」発売 タキイ種苗2019年12月2日

一覧へ

 タキイ種苗は、そろいと根色のよい春夏作兼用の早生種ニンジン「恋むすめ」を発売した。

春夏作兼用の早生種 ニンジン「恋むすめ」 やわらかくておいしいと人気の春ニンジンは、市場でも比較的高値で安定していることから年々、作付は増加傾向にあるが、栽培面では抽苔や高温期の収穫で品質保持が難しい。

 新商品の「恋むすめ」は、トンネル栽培において晩抽性があり、尻づまりのよい早生品種。形状 の乱れが少なく、M・Lサイズによくそろい秀品率が高いのが特長。根形はやや短めの五寸ニンジンで肌は滑らかでつやがある。しみ腐病に安定して強く、重い土質でも発生が少ない品種だ。
 春ニンジンは収穫時期が5~7月の高温下で収穫するため、環境条件によっては収穫後に表面が黒く変色することがあるが、「恋むすめ」は変色しにくく出荷後の品質にも優れている。
 葉がコンパクトで草姿が立性のため、根部の肥大不足を防ぎ、機械収穫にも適している。早生性と低温肥大性の特長を生かした8月下旬の遅まき作型も可能。
 ペレット500粒は715円、同1万粒は6490円(参考小売価格、税込)。

(写真)春夏作兼用の早生種 ニンジン「恋むすめ」

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る