左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農家の現実と農業関心層の理想の差が浮き彫りに 「ツチカウ」意識調査2020年5月29日

一覧へ

唐沢農機サービス(長野県東御市)は、3月に実施した「農家および農業関心層の意識調査」の自由回答のテキスト分析結果をまとめ、同社運営の農業メディア「TSUCHIKAU(ツチカウ)」で発表した。

「ツチカウ」意識調査


分析では、農業に関心がある人の「農業を手掛けたいかどうか?」に対する理由に注目し、「手掛けたい」と回答した63人の意見を要素ごとに分類し、集計した。

その結果、トップの理由は「自分で作ったものを食べたい」で、自給自足をしてみたいという意見も見られた。2位以降は「これまでに少しやってきた/身近にやっている人がいる」「無農薬栽培に関心がある」「のんびりしたい/自然と共存したい」など、自由で健康的なライフスタイルという理想を農業に求める傾向が見られた。

一方、現役農家から「新規就農者に掛けてあげたい言葉」を見ると、最も多かった意見は「頑張ってほしい」という激励。しかし、2位と3位に挙げられたのは「仕事がきつい/大変」「儲からない」といった厳しい意見が多く、「そんなに甘いものではない」という厳しい声もあった。

また、「学ぶ姿勢が大切」「続けて欲しい」「重要な仕事/やりがいがある」と激励やアドバイスも多く、現実は厳しいが新規就農層を歓迎する声が聞かれた。

調査は3月4日から9日にかけて、全国の農業収入がある20才以上の自営農家男女と農業に関心のある全国の20才以上男女を対象にインターネットで行わた。サンプル数は222件。

 
【調査結果第3報(ツチカウWEBサイト)】

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る