想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

無人農薬散布サービスを海外で開始 グループ会社を通じてヤマハ発動機2020年8月28日

一覧へ

ヤマハ発動機株式会社(日髙祥博代表取締役社長)は8月16日、海外のグループ会社を通じ、産業用無人ヘリを用いた農薬散布サービスを今月中にタイで開始すると発表した。

サトウキビ畑で農薬散布する無人ヘリサトウキビ畑で農薬散布する無人ヘリ

世界的な農作物への害虫被害が拡がるなか、タイにおいても近年、害虫駆除強化の必要性が高まっている。年間を通して除草や防除、成長促進剤や糖度向上剤の投与が必要なサトウキビやとうもろこしの作付面積を増やす政策が現地で推進されるなど、栽培作業の効率化などを目的とする農薬の散布ニーズが高まっているという。

無人ヘリによる農薬散布サービスを担うのは、ヤマハの海外グループ会社などが出資して設立したサイアムヤマハモーターロボティクス株式会社。ヤマハ産業用無人ヘリ「FAZER R」を使って農薬散布を請け負う。
サトウキビ栽培には特有のむずかしさがあるといい、一定の高さに達してしまうと肥料とホルモン剤を散布しても品質と重量を上げることが困難とされる。収穫前の一定の時間内に素早く熟成剤の散布を終える必要もあり、無人ヘリの使用で大幅な効率化を期待している。

今後20年間で先進国入りを目指すタイ政府は、農業分野や自動車分野などの中核産業への投資の呼び込みを現在推進中。とりわけ労働力の4割におよぶ農業分野の効率化が必須とされ、ヤマハはこれまでにも同国産業局やサトウキビ砂糖委員会、製糖会社、農薬メーカーなどと共同で無人ヘリによる農薬散布を実証事件レベルで行ってきた実績がある。

今回は、同国政府より商業用散布ライセンスを得た取り組みで、実証実験で蓄積されたノウハウも用いながら、農薬や肥料の空中散布を行って同国農業の発展に貢献したい考え。

【ヤマハ発動機】
https://global.yamaha-motor.com/jp/

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る