想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

水耕栽培農園に育成不良苗検出システム導入 丸紅ネットワーク2020年9月17日

一覧へ

丸紅ネットワークソリューションズは、トーヨーエネルギーファームが運営するレタス水耕栽培農園に導入する、AIを用いた育成不良苗検出システムをトーヨーホールディングスR&Dセンターと共同開発した。

水耕栽培農園に育成不良苗検出システム導入

丸紅ネットワークが提供するAI分析映像監視サービス「TRASCOPE-AI」を用いた同システムは、レタス棚の静止画をクラウドにアップロードし、クラウド上でAI解析することで、育成不良苗を検出。検出結果は作業者へ通知する。

水耕栽培を含む第一次産業は、ベテランのノウハウに依存するプロセスが多い。若手へのノウハウ継承や、作業者がノウハウを平準化して共有することが難しく、不良苗発見の遅れや病害の判別ミスなどを未然に防ぎ、生産効率・歩留を向上させることが課題となっている。

同システムでは、良苗・不良苗を学習したAIモデルにより、不良苗を漏れなく検知し、作業者へ通知が可能となった。また、不良苗の発見後、早期に対応することで、生産効率を改善できる。第一弾として、羽生市レタス水耕栽培農園の運用モデルを基に開発された。

今後は、トーヨーエネルギーが施工する全国の農園での本システム導入による生産効率・歩留向上をめざす。

ソリューション構成イメージソリューション構成イメージ

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る