想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:モーティブ
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スマート農業にも試験利用 高性能気象IoTセンサー「ソラテナ」販売開始2020年9月18日

一覧へ

(株)ウェザーニューズは9月17日、ビジネス課題を解決するWxTechTM(ウェザーテック)サービスで、高性能気象IoTセンサー「ソラテナ」の法人向け販売を開始した。

実際に農場に設置されている「ソラテナ」実際に農場に設置されている「ソラテナ」

「ソラテナ」は、気温・湿度・気圧・照度・紫外線・風向・風速・雨量の8要素を1分毎に観測する。直径約14センチ、高さ約20センチ、重さ約1キロと小型で軽量なため、持ち運びも簡単で設置場所を選ばない。大掛かりな設置費用も不要で、複雑な設定は必要なく、電源を入れるだけで観測が始められる。

データ通信は、IoT向けのSIMを用いているため、日本全国の幅広いエリアで安定した通信が可能。複数台を設置することで、複数地点の観測データを同時に取得できる。

また、観測データはクラウドへ保存され、APIで提供するため、データの閲覧や保存だけでなく、利用者のアプリケーションやシステムに組み込むことができる。

作業現場での強風対策や、屋外イベント、レジャー施設での熱中症対策、施設の風雨に対する安全対策のほか、需要予測やマーケティング分析など様々なビジネスシーンで活用できる。すでにKDDIによるドローンの安全運航管理や、農作業ロボット・管理システムの開発を手がける農業ベンチャー企業、レグミンによる農作業ロボットを用いた農作物への農薬散布と生育管理で利用が始まっている。

農作業ロボットによる農薬散布のタイミング調整に活用

8月4日からレグミンで「ソラテナ」の試験導入を開始。レグミンは、農場で小松菜などの作物を栽培しており、農薬散布の可否判断および作物の成長記録に「ソラテナ」を利用。 通常、風速が3m/sを超える場合は、周囲への農薬の飛散を防ぐため農薬散布作業を控えている。農場の風速をリアルタイムに把握し、農薬散布のタイミングを調整するために「ソラテナ」が活躍している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る