想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「イエバエ幼虫飼育方法 及び その飼育設備」で特許権取得 ムスカ2020年9月18日

一覧へ

(株)ムスカは8月7日付で、「イエバエ幼虫飼育方法とその飼育設備」に関する特許権を取得した。

ムスカ同社は、ハエの力を活用し高効率なバイオマスリサイクルシステムで、1週間で有機廃棄物を肥料と飼料に転換するシステムを開発。また、「持続可能な開発目標(SDGs)」を志向した社会、ビジネスの実現をめざし、昆虫テクノロジーをリードする企業として戦略的な知財活用、特許権取得、技術開発に励んでいる。このほど取得した特許は、同社の量産適用を見据えた「イエバエ幼虫飼育方法 及び その飼育設備」に関する技術。幼虫の機械搬送部の構造と方法に関し、実施性を踏まえた工程設計を可能とし、より効率的な昆虫飼料生産を実現する。

同社は、事業戦略に紐づく技術分野を見定め、「権利化×秘匿化」の知財ミックス戦略に基づいて、特許権取得を推進。また、これまで培ってきた技術的ノウハウと合わせた、知財全般の有効活用により、世界各国の先進企業との間で戦略的・相互補完的パートナーシップを築きながら、持続可能な社会の創造に寄与していく。同社代表取締役COO 安藤正英氏は「特許権を利用した技術やサービスの提供を通じて、我々の目指す持続可能な循環型社会の実現に貢献していく」とコメントしている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る