想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農作物の市場価値を向上 非破壊測定器「おいし果」発売 千代田電子工業2020年10月6日

一覧へ

千代田電子工業は10月14日、果物や野菜を切らずに0.5秒で糖度を測定できる非破壊測定器「おいし果CD-H200」を発売。14日開幕の第10回農業Weekと国際6次産業化EXPOで展示する。

新発売の「おいし果CD-H200」本体新発売の「おいし果CD-H200」本体

「おいし果CD-H200」は、農作物の市場価値の向上と廃棄ロス削減に向けて、使いやすく、高い測定精度を有する非破壊測定器をめざして開発された。

従来の「おいし果CD-H100」で培った技術を進化させ、測定が難しいメロンや小玉スイカなど「皮の厚い作物」も、これまで以上に安定した測定ができる。さらに、持ち運びしやすいハンディータイプで、ほ場で糖度を随時測定でき、収穫のタイミングの把握にも使える。

先行して発売している「おいし果CD-H240/H300」と同じく自照型タッチパネルディスプレイを搭載。画面が明るく、暗いほ場でも測定結果を確認しやすい。また、専用の無線プリンター(メーカーオプション)を採用したことで、作業者が測定中に動きを阻害されることなく、測定結果をその場で印刷して利用できる。測定対象は、小玉スイカ、メロン、柑橘、リンゴ、トマトなど。価格は30万円(検量線別売)。

◎「おいし果CD-H200」の特長

1. 小玉スイカ等の皮の厚い作物の測定の安定性向上
糖度測定の回路構成を全面的に見直すことで、安定した測定が難しかったメロンや小玉スイカ等の「皮の厚い作物」についても、糖度測定の安定性が向上。

2. 測定器の使いやすさの向上
早朝の農場等の暗い場所でも測定結果を確認しやすい自照型タッチパネルディスプレイの搭載や、無線プリンターの採用により、作業性が格段に向上している。

3. "0.5秒"の瞬間測定
測定精度の向上を実現した後も、これまでの機種と同様にどの果物もわずか0.5秒で計測し、瞬時に糖度を確認できる。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る