想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

シリーズAで1億円の資金調達を実施 累計調達額1.7億円に 笑農和2020年11月12日

一覧へ

スマート水田サービス「paditch(パディッチ)」の開発、運営を手がける(株)笑農和は、シリーズAラウンドで、(株)Monozukuri Ventures、三井住友海上キャピタル(株)、スカイランドベンチャーズ(株)等を引受先とする第三者割当増資による1億円の資金調達を実施した。累計での資金調達額は1.7億円となる。

水田向けスマート農業サービス「paditch」水田向けスマート農業サービス「paditch」

今回の資金調達により、従来のサービス「paditch gate02+」のデータを活用した栽培営農指導の強化や、遠隔で田んぼダム化可能な排水バルブ「paditch drain 01」を開発し、現場の声を吸収しながら水管理を中心に稲の収量、品質アップに貢献する。

同社は、高齢化に伴う離農や担い手不足、耕作放棄地の増加など農業の諸問題を解決するため、IT・IoT・AI・ロボット等のテクノロジーを活用し、富山発の次世代農業(スマート水田)を築いているアグリテックベンチャー。スマート農業を普及することで、農作業の超省力化、1農家における耕地面積の拡大と収量増加による収入の増加、水路への転落防止などに貢献し、農業を支えている。

スマート水田サービスの「パディッチ」は、農作業工程で一番時間と労力を使う水管理工程を遠隔操作、自動制御化した製品で、スマートフォンのボタン一つで水門や給水栓の開閉を一括で行うことができるシステム。水位や水温に合わせて自動開閉したり、タイマー設定して自動開閉することもできるため、paditch導入により水管理の労力が80%削減したとの第三者機関である農研機構の実証結果も得られている。

2020年11月現在、全国490か所に導入され、水管理の時間と労力の削減に一役かっているだけではなく、稲の収量、品質の向上にも貢献。また、豪雨時や、夏場の高温時にリスクを冒して水門・給水栓の調整をしにいく必要がないため、農作業事故の防止にもつながっている。

今回、同社に投資したMonozukuri Ventures代表取締役の牧野成将氏は「paditchは、富山を中心に500台近くが導入されており、しかもその評価は非常に高い。将来、農業分野での人手不足や重労働を解消するキーデバイスになると確信しており、私達も笑農和と協力しながら農業分野でのIoT化の一助になりたい」とコメント。また、三井住友海上キャピタル投資開発プリシンパルの白松昌之氏は「独自性と将来性を評価して投資した。創業者の下村さんは、農家出身のエンジニアで、農家に寄り添い粘り強く事業を拡大している点を高く評価しており、国内のみならず世界へ羽ばたく起業家だと期待している」と話している。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る