Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

乗用田植機4条モデルのレンタルサービス開始 唐沢農機サービス2021年4月27日

一覧へ

唐沢農機サービスは5月1日、乗用田植機のレンタルサービスを新たに始める。

乗⽤⽥植機4条モデルのレンタルサービス開始 唐沢農機サービス

同社は、2019年4月から乗用モア・ハンマーナイフモア・スパイダーモアのレンタルサービス(草刈機レンタル)を始め、4月現在で約200件以上の注文があった。また、ユーザーのリクエストに答えるかたちで、刈払機、管理機などの小物商品、自走式薪割り機などをラインナップに追加している。今回はリクエストの多かった田植機は乗用型である「乗用田植機4条モデル」をラインナップに追加した。

長野県内は中山間地域も多く、小型で歩行型のモデルの田植機が多く使われている。乗用型を使うことで、作業負担、作業時間の軽減し、高齢者でも安心して利用できる。また、軽トラックに搭載できるサイズで、運搬も容易。

これまでは、レンタルサービスに追加する常用田植機は、使用期間が1か月ほどでレンタルすると採算が合わないという問題があった。一方、ユーザーにとっては田植え作業でしか使わないため、保有すると購入金額やランニングコストなど、負担が大きい。同社は、この課題を独自の販売網を駆使し解決する。

レンタル価格は、1日4万4000円で、5月2日以降は20%OFFの3万5200円。問い合わせは、ホームページ、または(メール)service@karasawanouki.co.jpまで。

【⽥植機レンタル】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る