Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA三井リース中央(1)SP

ドローン配送の市場規模 2030年に390億1300万米ドル到達予測2021年5月11日

一覧へ

(株)グローバルインフォメーションは5月7日、市場調査レポート「ドローン配送の世界市場 (~2030年):ソリューション (プラットフォーム・インフラ・ソフトウェア・サービス)・タイプ (固定翼・マルチローター・ハイブリッド)・距離 (近距離・長距離)・梱包サイズ (2Kg未満・2-5 Kg・5Kg超)・飛行時間・エンドユーズ・地域別」 (MarketsandMarkets) を発売した。

ドローン配送の市場規模 2030年に390億1300万米ドル到達予測

ドローン配送の市場規模は、2020年の5億2800万米ドルから年平均成長率(CAGR)53.8%で成長し、2030年には390億1300万米ドルに達すると予測。高速配送に対する需要の高まり、ドローンによる荷物配送を促進するための規制枠組みの改正、二酸化炭素排出量の削減に対する需要の高まりなどが、市場の成長を促進する要因となっている。

物流・運輸、小売、農業、ヘルスケアなどの分野で事業を展開する企業は、荷物の当日配送をスムーズに行うために、ドローン配送をビジネスモデルに組み込む努力をしている。また、ドローン技術の進歩は、自律的かつ安全な荷物の配送を実現し、ドローン配送のエコシステムでの採用拡大につながっている。

新型コロナウイルスによるドローン配送市場への影響

新型コロナウイルスの感染拡大は、短期的な混乱と長期的な構造変化をもたらした。Eコマース分野では、食料品やホームケアなどの新しいオンラインカテゴリーの成長が鈍化していることから、サプライヤーは、ドローンやロボットなどの自律的な手段を利用した、人の手を介さない商品の配送を実現。例えば、米国の多国籍企業、UPS社は、ドイツのドローンメーカーWingcopter社と提携し、非接触型配送のためのドローンの導入を加速している。空中配達用ドローンは、法執行機関、医療サービスプロバイダー、クイックサービスレストラン、物流会社、各種Eコマース企業などで広く利用されている。

牽引要因:緊急物資の需要の増加と、迅速な配達

貨物輸送の技術革新と物流・運送会社の投資の増加に伴い、Eコマース、クイックサービスレストラン、コンビニエンスストア、ヘルスケア分野などで配送用ドローンの利用が増加。さらに、世界のEコマース業界では、空撮用ドローンの導入が進んでいる。小売業者は、ドローンを使ってSKU(ストックキーピングユニット)を管理することで、配送リードタイムを短縮し、配送の柔軟性とスピードを高めようとしている。

抑制要因:インフラの高コスト

現在、ドローンによる配送サービスは初期段階にある。新しい技術で、重量や使用地域に制限があるため、運用コストが高騰。現在、一般的なドローンが搭載可能な重量は1~12kg、配送距離の範囲は1~25kmとなっている。投資コストが高いためにインフラが整備されていないことが、ドローン配送市場の成長を阻害している。また、これらのドローンは、ベトナムやインドなどの新興国では導入が限られている。これは、都市部以外では地上のコントロールステーションやモバイルタワーなどの適切なインフラがないことや、設置にかかるコストが懸念されているため。また、新興国では、ドローン配送を円滑に行うための着陸場、充電ステーション、マイクロ・フルフィルメント・センターなどのプラットフォームの設置が困難になる可能性がある。

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る