Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

果樹栽培の腕上げ作業の負担を軽減「マッスルスーツGS-ARM」発売 イノフィス2021年5月20日

一覧へ

(株)イノフィスは5月17日、マッスルスーツブランドの腕上げ作業用モデル「マッスルスーツGS-ARM(アーム)」を発売。これにともない、東京理科大学 森戸記念館で発売記念発表会と体験会を開いた。

「マッスルスーツGS-ARM」装着イメージ「マッスルスーツGS-ARM」装着イメージ

「マッスルスーツGS-ARM」は、「マッスルスーツEvery」をはじめ腰部の補助に特化した装着型の作業支援ロボットを開発・販売する同社が、新たに着目した腕上げ作業の負担を軽減するアシストスーツ。東京理科大学との共同研究を礎としたイノフィスの開発技術で、優れた性能と補助力を保ちながら、身体の一部のようにしなやかでなめらかな動きを実現する。ぶどう、梨など果樹栽培の摘粒や摘果・収穫・剪定の際に長時間、腕を上げて行う作業の際に、腕を下から支えてくれるような補助力で、重さや疲れを感じることなく、しっかりと作業に集中できる。

発表会で同社の折原大吾社長は「腕上げ作業時に肩・腕・首が非常に辛いという言葉を聞いて、これらの負担を軽減できないかと開発をはじめた。現場の作業負荷を軽減する、これまでの腰に加えて"腕の負荷軽減"の新たなソリューションとして提供していく」と話した。また、「マッスルスーツGS-ARM」の開発者で東京理科大学 工学部の小林宏教授は「果樹園などの現場に試作機を持って行くと、実際には腕の高さを保持して作業する時間は意外と短く、腕を動かす動作が多いということが分かった。そこで、『マッスルスーツGS-ARM』では、人が腕を上げるときに必要な力を分析し、腰補助のマッスルスーツEveryと同じく、人にやさしい動きやすい補助力を実現した」と説明。「GS-ARM」は、国内の同種類の製品と比べて、価格帯としては同レベルだが、補助力が強いことに加え、人にやさしい動きやすい補助というところが差別化のポイントだという。

「マッスルスーツGS-ARM」は、5月17日から、同社への直接問い合わせに加え、契約販売代理店で販売。メーカー希望小売価格は13万2000円(税込)。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る