左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
三井物産アグロビジネス SP 122601
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農作業マッチングアプリ「農How」がモバイルアプリ提供へ アグリトリオ2021年6月2日

一覧へ

株式会社アグリトリオ(愛知県豊橋市)は6月1日、個人と農家をつなぐプラットフォームサ-ビス「農How(ノウハウ)」の提供を開始。モバイルアプリの提供により、全国展開へ向けサービス利用地域を増やしていく。

「農How」「農How」は、農作業の人財マッチングができるアプリ。マッチング時の利用料は1人1時間あたり300円で申し込みから給与払いまで、アプリ1つで完了する。これまで経験できなかった農作業が全国どこでも体験できるアプリとして開発された。

同社は、「農How」について愛知県の東三河地域と静岡県の遠州地域で2020年から実証実験を始め、農家の人手不足を着実に解消。1日単位・時間単位で仕事を見つけられるデイワークマッチングサービスであることから、他サービスに比べてキャンセル率が低く、リピート率が高いという特徴がある。

2021年4月末時点で働き手(クルー)登録数は4000人を超え、農家登録者数は200人を突破。月間マッチング時間は1000時間を超え、毎月最高マッチング時間を更新している。コロナ禍の影響がある中、月次マッチング数は対前年比で523%増で伸びている。実証実験では、東三河地域の農家の「雇用したい」というニーズが徐々に増え、働き手の「農作業をしてみたい」というニーズと「農業バイトが楽しい」という口コミが広まり、マッチングに関して盛んな需要が確認されている。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る