Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

気候保護に向け新技術で協力 排出量ゼロの水素製造へ基本合意書を締結 BASF×RWE2021年6月4日

一覧へ

ドイツのBASF本社のマーティン・ブルーダーミュラー会長と、世界有数の再生可能エネルギー企業であるRWE社(独エッセン)のマーカス・クレバーCEOは、鉱業・ 化学・エネルギー労働組合(IG BCE)のミハエル・バシリアディス委員長と共に、将来にわたり持続可能な工業生産のためのプロジェクト案を発表。気候保護に向けた新技術で協力する。

気候保護に向けた取り組みで基本合意書を締結気候保護に向けた取り組みで基本合意書を締結

同プロジェクトでは、 ルートヴィッヒスハーフェンの化学工場にグリーン電力を供給し、CO2フリーの水素製造を実現するため、2ギガワット(GW)の発電容量を有する洋上風力発電施設の追加建設を計画。グリーン電力と革新的な生産技術により、化石燃料をベースとする既存の基礎化学品生産を電化することで同工場は化学業界における気候保護のトップランナーをめざす。

同プロジェクトは、石油化学製品の生産に電気加熱式スチームクラッカーなどのCO2フリー技術を利用するもので、BASFはすでにパートナー企業と技術開発を進めている。BASFとRWEは、CO2排出量ゼロの水素製造の実現に向けた基本合意書を締結。再生可能電力を生産する発電施設の増設と、気候保護に向けた革新的技術の利用について、広範に及ぶ協力を定め、共同プロジェクトを推進する。

BASFのブルーダーミュラー会長は「再生可能なエネルギー源から安価で十分な量の電力が得られなければ、将来に向けた変革は実現しない。電力業界のリーディングカンパニーであるRWEと化学業界のBASFのパートナーシップにより、この変革に求められる各種条件をまとめ、各当事者の意思を結集する」とコメント。また、RWEのクレバーCEOは「すでに計画段階にある新たな洋上風力発電施設の電力をBASFのような法人顧客に提供するのは、ドイツでは初めての試み。私たちの提案が実現すれば、再生可能エネルギー拡大の本格的な加速につながる。未解決の課題はまだ複数あるが、より迅速に、より良い形でプロジェクトを推進し、エネルギー転換を実現したい」と話している。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る