Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA三井リース中央(1)PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

世界初 離島エリアでドローン物流の長期定期航路を開設 かもめや2021年6月4日

一覧へ

ドローン物流事業を手掛けるベンチャー企業、株式会社かもめや(香川県高松市)は、香川県三豊市本土と粟島を結ぶドローン物流航路を8月に開設。期限を設けた実証実験とは異なり、長期定期航路としての運用し、ドローンが瀬戸内海を越えて、島の住民に荷物を届ける。海を越える長期定期航路は世界初の試みとなる。

本土と離島間を往復する「純国産」ドローン本土と離島間を往復する「純国産」ドローン

ドローン航路は、本土の香川県三豊市と瀬戸内海に浮かぶ離島の粟島間を運行。運行距離は往復約8キロで、悪天候時を除き原則毎日運航する。

同サービスは、午前中に粟島の島民が欲しい商品を注文すると同日午後、ドローンが本土を出発する。粟島に着陸後は自動で荷物を切り離し、ドローンは自動で本土に帰還。粟島に到着した荷物は、島側のスタッフが自宅まで届ける。使用するドローンは、これまで日本各地で多数のドローン物流実績のある「純国産」の産業用ドローンを採用し、安全・安心の運航をめざす。

同社は、2016年4月設立し、主に陸・海・空の無人物流プラットフォームとインフラサービスを展開。注力事業のひとつとして、離島の生活に革命を超すことをめざし、ドローン物流サービスを展開している。

ドローン航路のイメージドローン航路のイメージ

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る