Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

どんな色でも汚れからあえて「白」を「オシャレ軍手」新発売 東和2021年6月4日

一覧へ

作業用手袋メーカーの株式会社東和コーポレーション(福岡県久留米市)は6月10日、ガーデニングや農業など様々なシーンで活躍する作業用手袋「オシャレ軍手」を新発売。4パターンの組み合わせで、気分に合わせてカラーを変えられる多用途手袋で、ガーデニングカウンセラーの岡井路子さんとタレントの川瀬良子さんによる監修で製品化された。

ガーデニングや農業など様々なシーンで使える「オシャレ軍手」ガーデニングや農業など様々なシーンで使える「オシャレ軍手」

ガーデニングの手袋は作業中に汚れることが多いため、多くは汚れが目立ちにくい色を採用している。「軍手以外に白い手袋がない」と感じていた岡井さんは、「どんな色でも汚れるのだから、オシャレで白い手袋が欲しい」という思いから、同社と共に開発に着手。NHK「趣味の園芸 やさいの時間」に10年間出演していた、タレントの川瀬さんも迎え、3者で製品化した。

土いじりに白が映える「オシャレ手袋」土いじりに白が映える「オシャレ手袋」

「オシャレ軍手」は、ポリウレタンコーティングされた白い手袋の袖口にワンポイントカラーを施したもので、これまでにない独自の編目を採用した。気分に合わせてカラーを組み合わせ、左手用がレッド、グリーン、右手用がブルー、イエローの計4色で、4パターンの組み合わせが可能。手の平から指先にかけて施されたポリウレタンコーティングはこれまでにない「ハニカム編み」を採用しており、スベリ止めの働きを助ける。甲の部分は「背抜き」タイプで、通気性に優れている。ポリエステル製で、1双約24グラムと使いやすい軽量タイプ。2双1セットでは438円(税込)。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る