JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

仔牛の防寒保温対策に「カーフジャケット」 アルミにキルト加工で新発売2021年10月7日

一覧へ

ライフテースト株式会社(埼玉県草加市)は10月10日、仔牛の防寒保温対策で毎年好評のカーフジャケットのアルミ生地にキルト加工を施した新商品を発売する。

カーフジャケットを着用した仔牛カーフジャケットを着用した仔牛

カーフジャケットは、北海道の農家からの「汚れても丸洗い出来て丈夫で長持ちできるカーフジャケットが欲しい」という要望を受けて企画・開発した商品。産まれたばかりの仔牛は皮下脂肪が少なく外気温に体温が奪われてしまうため十分な防寒保温対策が必要となる。低体温症になると体力の消耗や激しい下痢で命を落とすことにもなる。カーフジャケットを着用させることで、生後1か月前後の仔牛を温め低体温症を防ぎ、常に良いコンディションで管理できる。

新製品は、カーフジャケットの裏地にアルミ生地を採用し、キルト加工することでより一層丈夫になった。従来のボアタイプやキルト生地の保温効果も高いが、アルミ生地はさらに厳しい環境下でも、仔牛の体温調整に効果を発揮。保温性を高め、体温低下と体力消耗などから仔牛を効果的に守る。

汚れても濡れた布で拭けば簡単に汚れを落とせ、洗濯機で丸洗い可能。洗浄から脱水まで40分間を10回繰り返した自社の洗濯テストでは、生地の傷みや綻びは見られなかった。

サイズは、Sサイズ(幅約57~77cm×高さ約34cm)、Mサイズ(幅62~82cm×高さ約37cm)、Lサイズ(幅約72~92cm×高さ約43cm)、XLサイズ(幅約82~102cm×高さ約50cm)の4サイズ。裏地は用途や環境条件によって選べる。価格は4840円(税込)から。

裏生地はアルミ生地に新たにキルト加工を採用(左)・表生地は撥水加工を施している裏生地はアルミ生地に新たにキルト加工を採用(左)・表生地は撥水加工を施している

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る