JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

根菜の泥汚れをすっきりやさしく洗い流す「二流体根菜洗浄機」新発売 AZx2021年10月8日

一覧へ

株式会社AZx(エイザックス)は10月29日、新開発の二流体洗浄方式のより根菜の泥汚れを落とす「二流体根菜洗浄機」を発売する。

根菜の泥汚れをすっきりやさしく洗い流す「二流体根菜洗浄機」新発売 AZx二流体根菜洗浄機

同社はこれまで、二流体方式による洗浄技術の開発を進める中で、根菜類は泥汚れが落ちにくく、従来式の機械では洗い残しがあったり、野菜や根菜の表皮に傷が付いてしまうなど農家から悩みを聞いてきた。そこで、農業支援設備の第1弾製品として、野菜を傷つけずに頑固な泥汚れをしっかりと落とす「二流体根菜洗浄機」を開発した。

「二流体根菜洗浄機」は、特許取得済みの水中ジェットノズルにより発生した気泡を含んだ勢いのある水流が、野菜の複雑な凹凸に届き、こびりついた土を丁寧に洗い流す。野菜同士をこすり合わせて汚れを落とす「水中ともずり方式」により、水がクッションとなるため衝突が和らぎ、野菜に傷がつきにくい。

野菜を洗うための水は水槽からポンプ、水中ジェットノズルへと循環。水をかけ流す必要がなく節水できる。また、浮遊した異物は特許取得のろ過構造がしっかりキャッチし、水の交換回数も少なく済む。さらに、仕上げ洗いを行う高圧ミスト洗浄ガンや、野菜を乾燥させる高圧エアブローなどのオプションを利用すれば、出荷作業にかかる手間や時間を削減できる。対象となる洗浄物は、キクイモ、生姜、ヤーコン、アピオス、ヤマトイモなど洗浄が難しい根菜類。オープン価格。

同製品は10月13日から10月15日まで幕張メッセにて開かれる「第11回農業Week」に参考出展される。

洗浄工程洗浄工程

【AZx公式ウェブサイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る