JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

バイオスティミュラント「レコルト」を10月から本格販売開始 デンカ2021年10月11日

一覧へ

デンカは、バイオスティミュラント「レコルト」を10月からJA全農グループを通じて全国へ展開。腐植酸液状複合肥料として、独自製法の活性フルボ酸により作物の活性化効果を付与し、収量増に貢献する。

バイオスティミュラント「レコルト」バイオスティミュラント「レコルト」

バイオスティミュラントは、植物やその周辺環境が本来持つ自然な力を活用することで、植物の健全さ、ストレスへの耐性、収量と品質などに良好な影響を与える様々な物質や微生物。同社は50年以上にわたってバイオスティミュラントの一つである腐植酸を使った肥料「アヅミン」を販売している。

2019年2月にバイオスティミュラント市場への本格参入を決定以降、同社は「アヅミン」で蓄積した技術的知見を基盤に新製品開発を推進。新商品の「レコルト」は、独自の製造プロセスを駆使することで開発が可能となったユニークな製品で、社内外の様々な条件下での実証実験を通じて良好な効果が得られたことから、全国への展開を決めた。商品名の「レコルト」とはフランス語で収穫を意味する言葉で、農家の実り多き収穫に役立ってほしいという思いを込めている。

世界のバイオスティミュラント市場の規模は2022年には約33億米ドルへと拡大し、その成長率は年率10.4%になると予測されている。人口増による農産物需給のひっ迫や、地球温暖化と気候変動の影響による農産物被害の深刻化に対する解決策として期待されており、欧州では普及に向けた標準化、規格化等の法整備が進められている。

同社が海外で展開するバイオスティミュラント「PRULA」も、南米・中国・北米・欧州で行っている栽培試験で良好な結果が得られたため、順次各地域へ販売を開始する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る